チャットレディと出会おうとしてくる男性客の対策

ラインIDやスマホアドレスを聞いてくる男性のパターンとは

チャットレディをやっていると、一見さんでも、リピーターさんでも、連絡先を教えてほしいなどといってくるときがあります。

キャリアアドレスを教えてほしいとか、SMSでいいからやりましょうとか、ラインの交換をしましょうとかです。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

ライブチャットには、チャットがしたい人が大半なのはもちろんですが、出会い目的の人も中にはいます。

マッチングアプリでもないのに、ほんとに女性と出会えると思っている男性が一定数います。

ライブチャットを男性と女性との出会いの場だと思っている男性というのは、思ったより多いのです。

なので、チャットサイトのメールアドレスにライン交換してくださいとかメールを送ってきたりする男性もいますし、チャットが始まってすぐにライン交換してくださいとかいってくる男性も一定数います。

ですが、これには裏があって、男性客が勝手に勘違いしてチャットサイトを出会いの場だと思っているわけではなく、紹介サイトが悪かったりもします。

そのウェブサイトというのはアフィリエイトサイトと呼ばれるものですが、チャットサイトを男女のマッチングアプリかのような紹介をして小遣い稼ぎをしているサイトが多く見受けられます。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

すべての出会い目的のお客さんがこういったサイト経由で入ってきている訳ではありませんが、ほとんどこういったウェブサイトが影響しているといえるでしょう。

メルアドを教えてといってくる男性客

実際に私がライブチャットの男性ユーザーにラインやスマホのアドレスを聞かれた体験談をご紹介したいと思います。

ライブチャットでチャトレとして稼働したことがある人は、何度も経験したことがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

つきあってほしいなどとのたまう男性

彼女になってくださいとかいきなりいってくる男性客は結構います。

男性ユーザーの中には、チャットレディも彼氏がほしくてチャットレディをやっているもんだと思っている人もいるみたいで、どんな彼氏がほしいですか?なんてあっけらかんと聞いてくる男性も中にはいるのです。

ライブチャットに現れる、こういったいきなり出会い目的を丸出しの男性が現れたら、うまく利用しましょう!チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばせば稼げるのですから♪

ライン交換してください!と聞いてくる人

チャットレディと出会えると本気で勘違いしている男性ユーザーが、一番送りがちなメールやチャットというのは、ライン交換してください、というものです。

ラインやってませんか?といって、自分のラインIDを添付して送りつけてくる男性もいるくらいです。

ライブチャットでチャットレディにラインなどの連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、ポイントをあまり消費したくないという傾向を持っているので、メールで聞いてくることがほとんどです。

まず一通目に直アドかラインを教えてくれといって、だめだといわれれば、別の女性に片っ端から送っていくので、注意が必要ですね。

ですが、どちらにしても報酬にならない男性を相手にしていてはきりがないので、気にせずチャットレディをやり続けましょう!

チャットレディをやっている女性とどうしても出会おうとするライブチャットのユーザーというのはあとをたちません。

私がチャットレディをやっているときに、こういった男性ユーザーからの誘いのメールが来たときは、すぐに断っていますが、ベテランの頭のいいチャットレディは、あたかもあなたと付き合いたいという思わせぶりな態度をみせて、どんどんメールのやりとり回数を重ねていって稼いでいる人もいるくらいです。

女性はあそこが好きだと思っている男性

自分のペニスが自慢で、これを女性に見せさせすれば、必ずものにできると思っている男性は意外なほど多いです。

「この巨根を見てください!」といって、屹立したあそこの画像を送りつけてくるのですが、女性からしたらどん引きですよね。

自分のペニス画像を見てもらえさえすれば、セックスしたくなるんじゃないか?と思っている男性が世の中にはいるのです。

女性からしたら男性器の大きさなんてそんなに気にしていないですし、男性器を見せつけられた相手に連絡先を交換するわけもありません。

なぜか会えると思っている男性

チャットレディをしていて、何回かチャットをしていると、会えるかのような質問をしてくる男性がいます。たとえば、セックスの時は攻める方がすき?とかです。

こういった男性にも果敢に挑戦して、うまくチャット時間やメールの回数を稼いでいくのが、チャットレディとしてしぶとく生き残っていく方法だと思います。

こういった会いたがる下心満載の男性をうまく虜にして、チャットやメールをしてもらえれば、チャットレディとして何枚も上手になれますが、心理的にこういうことが苦手な人は、やる必要もなく、まっとうにチャットしてくれる男性だけを相手にしているのもいいと思います。とにかくコツコツ長続きする方法を採用しましょう!

ホテルを予約してくるお客さん

アダルトチャットというのは、本来は2ショットで見せてあげるものですが、中にはずるがしこい男性もいて、自分だけにセルフ動画を撮影して送ってくれなどとメールを送ってくる男性もいるのです。

こういう男性にたとえば、きちんとアダルトな行為をした動画を送ったとしても、次からチャットにログインして、稼がせてくれるのかと思いきや、全くそんな気配もなく、メールでポイントをケチりながら、次の動画をおくってくれなどとのたまってくるので、最初から相手にしないようにしましょう。

チャットレディの女性もただで男性を喜ばせるためにやっているわけではなく、れっきとしたビジネスでやっているのですから、ポイントを最初からケチろうなんて客は相手にしない方がいいのです。

いきなりエッチしてくださいといってくる

ポイントを使いたくない男性というのは、タイプのチャットレディにメールをいきなり送ったりします。

チャットサイトでなぜ出会いが実現出来ると思っているのか甚だわかりませんが、もう完全にチャットサイトは女性と出会えるものだと勘違いしているので、なにをいっても聞きません。

有名どころのマッチングアプリなどはいくらでもあるのに、そっちへいけばいいのに、という論理は通用しません。なぜなら、チャットレディのサイトが出会いを提供しているものだと完全に勘違いしているからです。

チャットレディがやると危険な行為とは?

以下からは、チャットレディがライブチャットで、男性とやりとりを重ねる上で、メールやテレビ電話や音声通話でやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

以外に気兼ねなくやっているチャットレディも散見されますが、初心者の方は危険なのでやらないでください。

会わないようにしましょう!

物理的に男性客と会ったことがあるというチャットレディの女性の話を見聞きすることがありますが、これは正直危険な行為といえるでしょう。

実際にあってしまったらどういう素性の男性かわからないですし、チャットレディの何よりのメリットは物理的な接触を避けて安全に男性と交流してお金を稼げるところの最大のメリットがなくなってしまいます。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

キャリアメールやライン交換はしてはいけない

直接アドレス交換やラインの交換などはしないようにしましょう。メリットは何一つありませんし、直接やりとりをしてもチャットレディとしての報酬になりません。

中にはチャットレディをやっていると、しつこく連絡先を聞いてくる人もいるかと思いますが、そういう人には適当なアドレスを教えたりするとややこしくなりますし、リピートもしてくれなくなるので、ライブチャットサイトの規約違反になるからといって、交換はしないようにしましょう。

会うことを引き延ばさない

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

ここ最近の引き延ばしテクニックでよく使われているのがコロナや緊急事態宣言をいいわけにした引き延ばしです。

こういううまいことをいって引き延ばしてはいるものの、こういうことをいっている女性というのは最初から会う気なんて毛頭ないので、社会通念上どうかと思います。

男性も女性との会話を楽しみにして報酬を払っている訳なのですから、チャットレディの優位性を使って、男性の下心をもてあそぶのはよろしいとはいえないでしょう。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

直接のアドレスをしつこくきいてくる男性客に対しては、どうやって回避するのがおすすめなのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

以下には、私がチャットレディをしていて連絡先を聞いてくる男性客に対して使っている回避策です。

スタッフにいわないように忠告されてるという断り方

出会いの場でもないチャトレサイトの女性に連絡先を聞いてくる不届き者の男性には、チャットレディ営業所のスタッフに怒られるといっておけばOKです!

ライブチャットでチャットレディの女性と出会おうとしている男性も、お金を使ってポイントを購入しているので、脈なしだと思えばそれ以上連絡してこなくなります。

規約違反だから教えられないと言う

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

自分が断ってるわけじゃない感を出す!

上記の断り方の最大のポイントというのは、「私が断っているわけじゃない」ということをアピール出来る点です。

ライブチャットサイトなどの外部の圧力で断らざるを得ないという設定にすることにより、男性客から教えてくれないやつだという避難も避けることができます。

リピーターさんでも直アドは交換しないのが鉄則!

チャットサイトには、チャットレディと出会えるものだと勘違いして、連絡先を気安く聞いてくる男性というのがたくさんいます。

チャットレディの女性も人間ですから、いきなりのお客さんが教えてくれなんていってきたら、絶対に教えることはないかもしれませんが、仲良くなった男性ユーザーが聞いてきたら教えてしまうかもしれませんよね。

ですが、チャットレディとしてライブチャットにログインしているわけじゃない状態で、男性ユーザーといくらやりとりを重ねたからと言って、誰かが報酬を支払ってくれるわけではありません。

現役でライブチャットサイトのチャットレディをやっている女性が、実際に男性ユーザーと連絡先を交換してリアル世界であったことがあるというブログなどがありますが、たまたまその人がいい男性客にあたっただけであって、悪い意思を持って近づいてくる人もいないとも限りません。

ライブチャットをやっている男性というのは、アダルト傾向が強い人が多いわけですから、チャットレディにどんな意図をもっているかわかりません。

直接アドレスやラインIDなどを交換して、実際にあってしまったとして、名前や住所や家族構成などの個人情報を知られてしまったら、弱みを握られたことになるのです。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

また、一人のチャットレディがそうやって、男性客と気軽にあったりしてしまうと、他のチャットレディにも被害が及びます。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

チャットレディとしての仕事がやりづらくなるだけではなく、結果的に稼ぎにくくもなってきます。チャットレディはルールを守ることが全体にとっても大切なのです!

チャットレディは副業の中でもとくに稼ぎやすいですし、女性にしか出来ない副業なので、かなり優位な職業だと言われています。なので、ルールを守ってチャットレディ業界を盛り上げていきましょう♪

しつこいお客さんはブロックする!

直接やりとりの手段を教えるというのはラインであれ、スマホのキャリアアドレスであれ、教えることは出来ないといっているのにも関わらず何度もしつこくきいてくる男性客というのはブロック機能を使ってブロックしてしまいましょう!

チャットサイトで、自らポイントを購入して、チャットレディにチャットしてくれるお客さんならまだしも、全くポイントを使わずに、ただで何度も連絡先を聞いてくるようなせこい男性はブロックするのが最善です。

チャットレディの女性が男性客にラインIDなどを教えてしまうと、しめしめと思った男性客は、チャットでポイントを使わないでいいわけですから、ただであなたとやりとりをしようとするのは当然の理にかなったことです。

チャットレディをやっている女性のメールアドレスなりラインIDなどを手に入れた男性はチャットサイトを介さなくてもいいので、連絡にポイントがかかるわけではないので、ただでチャトレと連絡を取り放題になってしまいますが、女性からしたら男性とメールをやりとりしてもお金になるわけではないのでデメリットしかありません。

ライブチャットを経由しないで、いくら男性客とやりとりを重ねたとしても、誰かが報酬を支払ってくれるわけではないので、時間の無駄になってしまいます。

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

そもそも、ライブチャットにいる男性ユーザーというのはいくらでもいるので、しつこく連絡先をきいてくる男性をブロックすることに躊躇する必要もありません。

しつこく連絡先などを聞いてくるお客さんはさっさとブロックしてしまって、他のきちんとお金を落としてくれるお客さんを相手にするべきなのです!

↑ PAGE TOP